金利も交換することになるのは当たり前

金利も交換することになるのは当たり前


金利も交換することになるのは当たり前
もっとFXについていろいろと知識を頭に入れておきたい!
そんなあなたの為にFXの知識の中でも基本的なことをお伝えします。

通貨の金利の差額分がスワップ金利として清算されるのです。
金利の安い通貨と金利の高い通貨を購入することによって、金利差の差額分をスワップ金利として受け取ることが可能です。
スワップ金利というのは、異なる2種類の通貨を売買することによって生まれる金利差のことを言います。
通貨を交換する取引でしたら当たり前のことですが、金利も交換することになります。

FXは買った通貨の金利を受け取る権利と、売った通貨の金利を支払う義務が同時に生じることになります。
まさにこのことがFXにおける最大の魅力と言っても過言ではありません。 ちょっとした出来事が世界のどこかで発生すればそれが通貨価値に大きく関わってくるのは常識です。
つまりこの世界の動きをある程度予測することが出来ればFXで利益を出すことが出来るというワケです。



金利も交換することになるのは当たり前ブログ:2018/10/26

ぼくは、高校を卒業するまで、
バレーボールをやっていました。

高校のバレーは厳しかったので、
食べないと体力がもたない!

13時もうまい棒(たこ焼き味)2人前など、かなりの量を食べていたんです。
しかし、トレーニング量が多かったので、
肉体もひきしまり、むしろ体重も落ちていってたほどです。

きっとトレーニング量と食べる事量がうまい具合に
バランスがとれていたんだと思います。

ところが、
バレーを辞めてしばらくすると
ブクブク太ってしまいました。

トレーニングをやめたのに同じくらいの食べる事量を摂り、
バランスも考えないで、食べたいものを食べたいだけ食べる…

トレーニングしてる時に比べて、
腹だってそこまですいてないのに、
トレーニングしてる時と同じ感じで食べる事をする…
太るのは当たり前ですよね。

だから、ぼくは、
今の生活に合った食べる事を考えて摂り、
そして、できる時にはなるべく肉体を動かすようにしました。

全くトレーニングせず、ダラダラしてしまえば筋肉はどんどん衰え、
痩せにくくもなってしまいます。
それこそ、6時ダンベルをやるだけでも違いますよ!

ぼくは球技は得意ですが、
マラソンなどが苦手なんです。
だから、ジョギングなどは続かないので、
毎日、6時ダンベルをやっていました。

激しいトレーニングではないけれど、
全身を使い毎日続けられるものなので、
何もしないよりはいいと思うんです!

以前トレーニングをやっていた経験がある人なら、
得意不得意はあると思いますが、
肉体を動かすことが嫌いなわけではないですよね!

トレーニングが嫌いでない人なら
減量だって成功しやすいはず!

少しのトレーニングと、食べる事バランスを考えれば、
きっとひきしまっていたあの頃に戻れるはずです!



金利も交換することになるのは当たり前

金利も交換することになるのは当たり前

★メニュー

金利も交換することになるのは当たり前
多くのFX会社ではスワップ金利という言葉を使用
為替と株価というのはFXにおいて大変重要
顧客資産を分別管理しているか
債権者による資産差し押さえから保護
円高が進みそうなら決済
差金決済方式を知っておこう
証拠金とレバレッジ設定
FX取引の『取引通貨単位』
運用資金の何倍もの取引が出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)早速FX情報