金利も交換することになるのは当たり前

もっとFXについていろいろと知識を頭に入れておきたい!
そんなあなたの為にFXの知識の中でも基本的なことをお伝えします。

 

通貨の金利の差額分がスワップ金利として清算されるのです。
金利の安い通貨と金利の高い通貨を購入することによって、金利差の差額分をスワップ金利として受け取ることが可能です。
スワップ金利というのは、異なる2種類の通貨を売買することによって生まれる金利差のことを言います。
通貨を交換する取引でしたら当たり前のことですが、金利も交換することになります。

 

FXは買った通貨の金利を受け取る権利と、売った通貨の金利を支払う義務が同時に生じることになります。
まさにこのことがFXにおける最大の魅力と言っても過言ではありません。 ちょっとした出来事が世界のどこかで発生すればそれが通貨価値に大きく関わってくるのは常識です。
つまりこの世界の動きをある程度予測することが出来ればFXで利益を出すことが出来るというワケです。



金利も交換することになるのは当たり前ブログ:2019/5/22

減量しようと考える方は少なくないようですが、
同時に減量に挫折してしまう人も多いようです。

減量しようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

減量というのは、
食事制限があったり、体操をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だから減量は、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激な減量をしなくてはならなくなります。
極端に食事制限してしまうとか、過激な体操をするとか…

かく言う俺も一度、
減量で失敗してしまった経験があります。
俺の場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

また減量には体操だ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段から体操をやっている人なら
それほどきつい減量メニューではないかもしれません。

ところが俺は、
今まで体操をほとんどやったことがありませんでした。

からだにかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくり減量するようにしました。
そのときの俺は、ちょっと無理をしていたようです。

俺のケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。


ホーム サイトマップ