債権者による資産差し押さえから保護

見逃すことの出来ないFXの知識というのはいくつかあります。
ここでは最低限覚えておきたいことをお伝えしています。

 

分離管理がされているのかをまず確認し、FX会社の信頼性を見極めることが大切です。
取引会社の信頼性を確認する時には、顧客の資産を「分別管理」しているかということが大切なのです。
「分別管理」というのは、顧客の資産と会社の資産を分けて、信託銀行に信託することを言います。
信頼の無い会社で口座を開設してFXの運用したところでは、お金をドブに捨てるのと同じことです。

 

FX会社が信託銀行に顧客資産を信託していれば信託法により、取引会社に万が一のことがあったとしても、債権者による資産差し押さえから保護されます。
顧客資産を信託銀行に信託することで、分別管理しているのかを事前確認することが大切です。 今若者からお年寄りまで老若男女問わずに注目をされている取引がFXとなります。
取引未経験者でも容易に始めることが出来るので、上手に資産をFXで運用してみてはいかがでしょうか?





後払いはこちら
後払いならおまかせ
URL:http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/


債権者による資産差し押さえから保護ブログ:2018/11/12

前、
フリーで仕事をしているおれのところに、
大きな仕事の話が舞い込みました。

引き受ければ、
今の収入が倍ほどになるような仕事です。

だけどおれは24時間悩み込んでしまいました。

「嫁と子供のために、もっと収入を増やすために、
大きなチャンスだから引き受けるべきだ!」

「今、自分がやりたい仕事ではないし、
引き受けたら本当にやりたい事が出来なくなるぞ!」

心の中に二人のおれが居て、
身動き取れなくなってしまったんです。

家族の生活のために、
何よりも優先される「仕事」なのだったら、
もちろん引き受けて、収入を増やす事が正解です。

だけど、引き受けたら
今本当にしたい仕事が削られてしまう…

おれ一人では答えが出せず、
思い切って嫁に相談しました。

長い時間、話し合いが続きましたが
嫁も答えが出せずにいました。

もちろん嫁にとっては、
収入は何よりも大切なものでしょう。

だけど嫁の心の中にも、
「旦那にやりたい仕事をやらせてあげたい」
という気持ちとの葛藤があったのです。

そんな嫁の気持ちを知ったとき、
おれは「はっ」と気付きました!

今までおれは、
自分や家族のために
「仕事」を優先してきたつもりですが、
本当はそうじゃなかったんだと…

いつもおれは、
自分がやりたいことを選択していただけだったのです。

それを嫁や子供に、
解ってもらいたいがために
「仕事」という言葉を使っていたんですね。

自分がやりたいことをやっていることに、
どこか後ろめたさも感じていたのでしょう。

そんな自分に気付いたおれは、
大きな仕事を断って、
やりたい仕事を優先することにしました。


ホーム サイトマップ